墓と心の物語 供養方法 ペットの手元供養とは?方法や費用・注意点なども詳しく解説!

ペットの手元供養とは?方法や費用・注意点なども詳しく解説!

ペットの手元供養とは?方法や費用・注意点なども詳しく解説!

ペットが亡くなった際、供養方法に悩む方は多いです。

大切な家族の一員でもあるペットなので、人間同様に供養できると理想的です。

突然の別れがあっても慌てることがないよう、事前に調べておくと安心でしょう。

ペットの供養について関心がある方に向けて、今回はペットの手元供養について解説していきます。

詳細が分からないという方のために、手順や費用やメリット、注意すべき点についても解説していきます。

また、検討の上で手元供養が難しいと判断した場合、業者へ依頼するのも一案ですので、相談方法についても合わせてチェックしていきます。

手元供養とは?

手元供養とは、火葬したペットのお骨を身近に置いて供養する方法です。

ひと昔前まではペット専用の火葬場がなかったため、自宅の庭に埋葬したり、自治体に連絡して引き取ってもらったりするなど、手元供養が難しい環境でした。

一方、近年では、人と同じようにペット火葬が一般的になり、火葬した遺骨の葬送方法として、ペットの手元供養が広がっています。

ペット用のミニ仏壇にお骨を納めて自宅で供養するほか、近年ではお骨をアクセサリーなどに加工して身につける方法も広がっています。

アクセサリーの種類はネックレス、ブレスレット、キーホルダーなどさまざまで、遺骨の灰から作る「遺骨ダイヤモンド」を手元供養として持ち歩く人もいるほど多種多様です。

手元供養の流れ

下記にて、手元供養の流れを詳しく解説していきます。

手元供養について詳しく知らないという方はぜひ下記からチェックしてみてください。

火葬

ペットが亡くなったら火葬を行います。

亡くなった翌日から3日以内のうちに火葬する形が一般的です。


人間の場合、蘇生の可能性も考慮して、亡くなって一晩経ってから火葬するので、ペットの火葬であっても同じく蘇生の可能性を考慮しましょう。

亡くなってから一晩経ってから、火葬の準備を始めるほうが良いでしょう。

また、ペットの場合、いつまでに火葬しなければならない、という決まりもないため、死を悼む期間を設けてから火葬するのも一案です。

飼い主側の精神状態に合わせて決定してもよいでしょう。

火葬する場合、ペット霊園、自治体の斎場、ごみ処理施設に持ち込んで火葬が可能です。

ごみ処理施設の場合、ごみとして焼却処分をすることになるため抵抗がある方はペット霊園か自治体の斎場に持ち込むとよいでしょう。


遺骨を持ち帰る

火葬後、骨壺に入れた遺骨を自宅に持ち帰ります。

今回は手元供養を前提に解説していますが、お墓に埋葬したい場合は、合同慰霊碑に合祀したり、納骨堂に安置してもらったりもできます。

手元供養をせずお墓への埋葬を依頼したい場合、事前に相談しておくとスムーズでしょう。

保管方法の検討


骨壺での保管、アクセサリーへの加工など、保管方法を検討します。

粉骨するのかしないのか、仏壇による供養の場合は誰が管理をするのか、管理のための後継者は困らないのか、など様々な観点から検討したうえで決定する必要があります。

一般的にペットの手元供養では、人のためのお仏壇と同じように日々のお世話が必要ですが、人のように法的な決まり事はありません。

親族の了解は必要ないため、一緒に暮らすご家族が納得する方法を選択すればよいでしょう。

粉骨(必要であれば)

粉骨とは、遺骨を細かく砕き、パウダー状にすることです。

ご自身でも砕くことができますし、業者に依頼することも可能です。

保管方法の検討の結果、粉骨して保管することとなった場合は、どちらにするか選択しましょう。

ご自身で粉骨をする場合、ジップロックなどの密閉できる袋に十分に乾燥させた遺骨を入れ、上から綿棒などで叩くといった方法があります。

一般的には業者に依頼してカビが生えないように保管することが多いです。

ミニ仏壇の準備・アクセサリー加工の依頼など

保管方法を決定し、(場合によっては粉骨をした後)手元供養の方法に合わせて、必要なものを準備します。

自宅にて、ミニ仏壇を設置して供養する方法を選んだ場合はミニ仏壇の準備に必要なアイテムの購入を進めましょう。

ステージ型オープンタイプ、骨壺収納タイプ、ミニ仏壇など、様々な種類が展開されているため、インターネット等でリサーチしてお好みのものを選ぶのがおすすめです。

アクセサリーに加工して手元に置いておくことを選んだ場合、どのようなアクセサリーに加工するのか検討しましょう。

ペンダントやジュエリー、ストラップなどの形式がメジャーですが、アイテムによって必要になるものが異なります。

どの部位が必要なのかなどは事前にリサーチしておきましょう。

アイテムが決まったら、依頼する業者を決定しましょう。

大切なペットの存在を感じるアイテムですから、事前リサーチや説明を聞くなどはもちろん、口コミもしっかりと確認して依頼すると納得のいくアクセサリーを残せるでしょう。

手元供養にかかる費用

供養方法にもよりますが、手元供養は一般的にお寺等で供養するよりも安価であると言われています。

自宅での供養の場合、仏壇、骨壺、その他の仏具一式が必要になるので10~20万円程度が目安です。

アクセサリーへの加工をする場合、ペンダントネックレス、キーホルダー、指輪などいくつかの種類があり、種類によって異なりますが、数万円~50万円程度です。

特に人工ダイヤモンドに加工する場合は高額になると言われています。

一方、上記はあくまで目安であり、ご家庭によって詳細の供養方法は異なる可能性が高いです。

手元供養にかかる費用について詳細を知りたい場合は業者に問い合わせて見積もりをもらいましょう。

手元供養のメリット

最大のメリットはペットの遺骨を手元に置いておけることでしょう。

毎日手を合わせ、話しかけるなど、存在を感じながら過ごすことができます。

ペットの存在を身近に感じられるだけでなく、定期的な墓参りができなくても問題ありません。

また、費用面についても手元供養は比較的安価といえます。

安価でペットの存在を感じられるとなれば、迷わず手元供養を選ぶ方もいるのではないでしょうか。

手元供養のデメリット

もちろん手元供養にはデメリットも存在します。

最大のデメリットは遺骨の管理にかかる手間です。

火葬した後の骨はカビが発生する可能性は低いと言われていますが、最低限のカビ対策やにおい対策などには注意する必要があります。

遺骨の管理について責任が生じるため、将来的な対応も考える必要が出てきます。

ペットの遺骨を手元に置いておくのがつらいという家族がいる場合、理解を得られないケースも考えられるでしょう。

上記のデメリットを踏まえたうえで、手元供養を選択すべきか考えてみましょう。

手元供養が難しければ業者に相談

手元供養が難しい、という判断に至った場合は業者に相談して供養方法を決定するのがおすすめです。

インターネット等でのリサーチの上、業者に電話・メールで問い合わせることで供養方法を相談できます。

相談時にご家庭の事情や希望なども共有しておくと、それぞれの事情に合わせて適した供養方法を提案してくれるでしょう。

FUROSHIKIでは、人間・ペットの粉骨・散骨・手元供養についての相談が可能です。

新しい供養の形も提案の上、ご家族様が安心してご供養できるようにサポートしてくれます。

気になった方は下記URLからアクセスしてみてください。

また、下記からアカウントを作成すると粉骨が無料になるので、合わせてチェックしてみるとよいでしょう。

https://furo-shiki.com

まとめ

今回は手元供養をメインに解説しましたが、手元供養が難しい場合は業者に依頼することも可能です。

供養方法については、家族間で納得がいくまで話し合ってから決定するようにしましょう。

Related Post

散骨のメリットとデメリットは?故人に適した供養を選ぶために

散骨のメリットとデメリットは?故人に適した供養を選ぶために散骨のメリットとデメリットは?故人に適した供養を選ぶために

現代では、多様な葬儀方法が存在し、散骨はその中でも特に自然との一体感を重視する人々に選ばれています。これは、故人の遺骨を粉骨した後、海や山、空など自然の中に撒く供養方法です。この方法は、故人が生前愛した自然へと還るという […]

樹木葬と永代供養を組み合わせた供養が人気!その理由とは

樹木葬と永代供養を組み合わせた供養が人気!その理由とは樹木葬と永代供養を組み合わせた供養が人気!その理由とは

現代社会において、お墓や供養の方法は多様化しています。特に、都市部でのスペースの限られた環境や、家族構成の変化により、伝統的な墓石に代わる新しい供養の方法が求められているのです。中でも「樹木葬」という選択肢が注目されてお […]